タッチモニターがガラリと変革|ワクワク新製品をお試し

システムを活用

金色のボルト

お店のコストを削減に役立つオーダーエントリーシステムの導入を検討しましょう。どの製品が良いか迷ったらこちらを参考にしましょう。

3D技術のリバースエンジニアリングやタッチモニターなど、色んな技術が毎年生み出されています。技術革新は常に起こっており、ガラリと作業環境が変革を起こすこともよくあるので、積極的に新製品をお試ししましょう。製造業の先端にいる業者は、こういった技術革新に敏感な傾向にあります。一つの技術が変われば、製作過程も変わりますし、システムを新たに構築する必要が出てくるのです。今まで古いシステムを使っている場合、システムを変えるための予算やノウハウが無いということで導入が遅れる場合もあります。工場や企業においてどんなシステムが必要なのかを把握し、取り入れるべきシステムはすぐにでも取り入れられるようにしたいものです。仕組みさえ分かっていれば、多少導入が遅れたとしても確立ししっかりとした構築ができ、すぐに活用できる状態にもっていくことが可能です。

新しい技術はたくさんありますが、日本では顕微鏡など、基本的な精密機器を作る技術も高いという事実があります。学校で使われているものから研究所で使われている電子顕微鏡などもあり、細かな部分までリアルに見ることができるような技術があります。こういった細やかな技術が引き継がれていることから、日本の技術や工業製品は高品質を誇っているのです。オイルスキマーは油と水を分離させるシステムですが、これは工業製品の製作に直接関わるものではありません。しかし、工業の環境を良くし、ひいては周辺環境の環境向上のためには重要な機器なのです。こういった基本的な機器は繰り返し使うことが基本なので、耐久性が重視されます。耐久性や色んな条件下での製品状態を確かめるためには、引張試験なども行なわれており、こういった検査がしっかりしているからこそ工業が支えられているのです。

引張試験の意味

ドリル先端

引張試験とは材料の強度を図る試験機のことで、材料力学の分野では日常的に用いられています。引張試験では試験片と呼ばれる材料のサンプルを用い、引っ張ることで強度を確かめます。

顕微鏡の輸送手段

各種ドリル

顕微鏡を購入するときは輸送手段についてよく考える必要があります。専門ショップなどで購入する場合は特に考える必要はないでしょうが、専門ショップ以外で購入するときは慎重に輸送ができる方法をとるべきでしょう。

オイルスキマーの活用

溶接

オイルスキマーを設置するときは多少工夫が必要でしょう。しかしながら大抵が小型なサイズなため設置スペースが狭い場合であっても設置することが出来るでしょう。近年ではオイルスキマー自体も高機能になっています。

タッチモニター導入

切断加工

タッチモニターを活用するときはまず導入する必要があるでしょう。目的によっても異なりますが、タッチモニターの導入は業者に依頼するほうがいいでしょう。例えば詳しくない場合であっても丁寧に指導してくれます。

図面を描く

金属パーツ

3dプリンターを使って実現できることが増えてきています。この技術を使った生産を行っているベンチャー企業も数多く、値段も安くなっています。リバースエンジニアリングはこれに関連した技術で、3dの図面を描くものです。