タッチモニターがガラリと変革|ワクワク新製品をお試し

図面を描く

金色のボルト

3dプリンターと呼ばれる3次元の物体を出力する機械があります。近年になって開発された年若い技術と言えますが、多くのファンを抱えるに至っています。しかし登場したばかりの頃は機器の値段が高かった事や、性能面に不満を抱えるユーザーが存在していたのも事実です。 現在においても2dプリンターよりも高い値段で取引されています。しかし3dプリンターの本体価格は確実に値下げ傾向にあり、関連サービスも充実し始めました。関連サービスで特に人気を博しているのが、リバースエンジニアリングです。 リバースエンジニアリングとは技術用語であり、ソフトウェアの開発現場で利用されていました。完成したソフトウェアを分解して、プログラム言語を読み解く事です。

3dプリンターの関連サービスであるリバースエンジニアリングが人気を集めるようになったのは、入力データの生成が非常に大変だったからです。人間が描いた3dの図面を機械が読み取り3dプリンターが出力します。非常に単純な仕組みと言えますが、3dの図面を描く事は練習が必要なのです。 2次元よりも立体的な描写をする事は大変なので、多くのユーザーが挫折しました。3dプリンターの価格が高かった事実が普及を遅らせたと言われていますが、実際にはユーザビリティ面のハードルの高さも問題だったのです。 現存する物体からデータ生成をして、依頼者に提出するリバースエンジニアリングサービスが人気を集めた事は当然の結果だと言えます。