タッチモニターがガラリと変革|ワクワク新製品をお試し

引張試験の意味

金色のボルト

引張試験とは、材料の強度を測る試験のことをいいます。強度とは材料の変形あるいは破壊に対する指標を指し、一般的には引張強さともいわれています。 この材料の強度について最初に指標化に取り組んだのはレオナルド・ダ・ヴィンチだといわれています。さらに最初に書物にまとめたのはガリレオ・ガリレイで、1638年に出版された新化学対話の中にまとめられています。その後18世紀に入り、ステファン・ティモシェンコが材料の強度を材料力学としてまとめています。 最後に引張試験に測定する引張強さについて紹介します。材料はひずみが大きくなると破断しますが、破断する前まで、材料が耐えうる最大の引張応力が引張強さです。高強度とは引張強さが大きい材料のことをいい、低強度とは、引張強さが小さい材料のことをいいます。

お客様からの依頼で引張試験を行っている会社の動向について紹介します。従来、試験結果は紙の報告書が手元に届くまで確認することができませんでした。しかし、近年、試験会社では報告書の電子化に取り組んでいます。現在では引張試験の試験結果が出ると随時システムに掲載されていきます。そのため検索システムから試験結果の確認を迅速に行うことが可能になっています。また、試験結果の品番や品名を入力するだけで、過去の報告書も確認することが可能になっています。ネットがつながる環境があれば、タブレット端末やスマートフォンからでも報告書は確認することができます。この検索システムの利用にあたっては、追加の費用は一切発生しないので、安心して利用していただけます。